ヴィーガンは何故おかしいと言われるのか?メディアの背景

メディアでの影響力を持った人物などがヴィーガンなんておかしい!と言ってしまえば、そうだそうだと同調する意見が増えてきてしまうここ日本。

海外ではベジタリアンやヴィーガンの意識も高く、メディアを通じて素晴らしいと称賛されています。しかし日本ではなぜバカにされてしまうのか?

 

 

 

メディアの影響

 

消費社会の背景がそこにあります。

影響力を持った人物が、テレビや雑誌に出てきて本心からバカにしてるわけではないということでしょう。

 

中には本当に思っている人物もいるかもしれません。

本・テレビで「肉を食べなきゃ死ぬ!」などの言葉を言えば、お肉が売れるということも忘れずに。今更な話ではありますが、ここ日本ではテレビや雑誌の力がどれだけ影響してるかということ。

ここが人気!これが売れている!などの情報で、私たちは簡単に影響されてしまいます。すべて繋がっているのです。

肉を食べなければ死ぬという根拠はどの辞典にも書いていません。栄養学に詳しい教授たちからしてもむしろ、お肉にはこんなに良くないものが含まれている!という内容のほうが実際のところ多いわけです。

きちんとした情報を調べて知識を持っていれば、ベジタリアンやヴィーガンで絶対に死ぬことはありません

 

なぜお肉を食べないと死ぬといわれるのか?

ベジタリアンやヴィーガンの構想から考えると、たんぱく質などが不足するからという単純なことであることが伺えます。野菜や大豆製品・ナッツ類などからも十分摂取できますのでご安心を。

栄養不足になってしまわぬよう、知識を深めていくのも大切です。

 

やってみた人だけが気付くメリット

きちんとした食生活の知識を持ち、ヴィーガンやベジタリアン生活を送ってみた人だけが気付くメリットやデメリットがそこにあります。

 

これは実行してみた人だけにしかわかりません。肌が綺麗になり、体臭が消えたという嬉しいメリットと、何を作るか迷うなどのデメリットが出てきます。

しかし最近ではヴィーガンレシピがかなり広がっています。そこからレシピの幅を広げていく楽しみもあるのです。

実はヴィーガン料理は動物性食材を使うより、作りやすいのもメリットのひとつです。動物の利用をせずとも美味しい料理がたくさんあり、それに伴い生き物を大切にしたいという気持ちが強くなっていきます。

 

動物が好きだから否定したくなるのも事実

動物が大好きで、殺傷して利用するなんてかわいそうだしおかしい。と私は思います。動物愛護の観点からも、大切にして共存したいのが本音です。自分が逆の立場ならどうかという恐ろしさ。

しかし否定すれば、お肉が好きな人からしたら自分を否定されたことになります。ベジタリアンやヴィーガンではないという人からは、10倍にもなって否定の言葉で返ってくるでしょう。誰でも自分が否定されれば嫌な思いをします。

ですから、自分ができることから少しずつで良いと思います。

 

人それぞれ決めた生活

こうしたヴィーガンやベジタリアンの生活を送るのは、本人たちが決めて生活しているのであり、それを全力で否定するのは間違っているのも事実です。

今までお世話になってきたものに感謝をして、これから変わるということはとても良いことです。

メディアに洗脳されないよう、自らが決めたならとことん調べて、ヴィーガン生活を極めていけば良いのです!健康的で明るい生活を送りましょう!

 

おまけ

健康や栄養について詳しい博士や教授たちの意見からも、栄養学的根拠はないとされています。

お肉を食べないと死ぬのか?という疑問には賛否両論ありますが、ヤフー知恵袋などの質問サイトでも圧倒的に死にませんという回答が多かったので参考までに(笑)

ヴィーガン生活を続けて変化したことはこちらの記事で紹介しています!

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。